前へ
次へ

肩こりを放置するリスクとは

肩こりは社会人になると多くの方が悩まされますが、症状がでても放置してしまうケースがあります。仕事でデスクワーク等をしている方は、パソコンを使用する時の姿勢が前屈みになる事で、肩周辺に負担を掛けてしまい、痛みがでてしまう可能性があるので、注意が必要です。座る時の姿勢は一度習慣化してしまう事で、継続して肩に負担がかかってしまいますから、症状が深刻化していくリスクがあります。肩こりの症状が深刻化していく事で、肩を上げたりする事も難しくなってしまう可能性があるので、日常生活に支障がでてしまいます。症状が深刻化する前に、病院等で検査を受けた方がいいですし、肩周辺の筋肉を解す為にも、腕を回す運動等をデスクワーク中に取り入れた方が安全です。湿布等を貼って痛みを緩和する事も大切ですが、根本的な原因を解決しなければ、一度症状が消えても再発してしまう事が考えられるので、再発しない工夫を各自で考え出す事も重要になります。

Page Top